家の照明(LED電球)色の効果と選び方 リビング・キッチンなど部屋に合った照明選び

照明 色 効果 部屋
はなこ
はなこ

照明のデザインも大事だけど、それと同じくらい大事な照明の色選び!
照明の色によって部屋の雰囲気・印象・心理的に与える効果など全然違ってくるよ。

昔ながらの白熱電球の色や、オフィスによく使われる青白い光など
白いLED照明にもいろんな色があります。

部屋の用途に応じて色を使い分ける事で

くつろげたり、集中力がアップしたり、服選びがしやすかったり、ついつい食べ過ぎたり笑
色んな効果があります。

我が家はこの照明の色選びはじーっくり時間をかけて、電気屋さんに沢山アドバイスを貰いながら決めました。

  • LED電球の色の種類
  • 部屋によってどのように選べば良いか?
  • 我が家はどんな風に決めたか?

といった事をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

家の照明(LED電球)の色は何種類あるか?

照明に使われるLED電球、どんな色があるか調べてみると

「電球色」「温白色」「白色」「昼白色」「昼光色」の5種類の色がありました。

照明 色 種類

そして、この中で一般的によく売られているのは
「電球色」「昼白色」「昼光色」の3色です。

  • 電球色は昔ながらの電球色、一番オレンジっぽい光
  • 昼白色は太陽光に最も近い光
  • 昼光色はパキッとした青みがかった白です

昼間に撮ったのでちょっと分かりにくいですが、こんな感じです。

照明 色 効果

昼光色は青白って感じですね。

温白色や白色の電球も売ってるのは売ってますが、温白色はパナソニック製しかありません。
白色電球で調べても、白色電球として売られているものもありませんでした。

「3500K電球」「4000K電球」
と単位を指定して探すと色んな商品が出てきました。

照明(LED電球)の色で得られる効果

電球色のメリットデメリット

照明 色 効果オレンジっぽい温かみのある光なので

落ち着く・リラックスできる・目が疲れにくい・部屋が温かく感じる・料理が美味しそうに見える・おしゃれっぽい空間に見える

という効果を得られますが

他の照明と比べて暗い・物の色が分かりにくい・勉強や仕事など集中しないといけない部屋には不向き・夏場は体感温度的に暑い(食べ物がおいしそうに見える&落ち着くのでついつい食べ過ぎる)

というデメリットがあります。

昼白色のメリットデメリット

太陽光に一番近い色なので、人にとって慣れた光と言えます。
明るさも電球色のように暗くなく、昼光色ほど明るすぎないナチュラルな明るさ。
物の色を確かめるのに最適な明かりです。

照明選びに迷ったらこの色を選んでおけば間違いないという、メリットはあれどデメリットはあまりない色と言えます。

昼光色のメリットデメリット

照明 色 選び方青みがかったハッキリした白色で

他の照明と比べて一番明るい・細かい部分がよく見える・集中力を高める・部屋が涼しく感じる・料理が美味しそうに見えないからダイエット向き

というメリットがある一方

目が疲れる・リラックスできない・料理が美味しそうに見えない・冬場は部屋が寒く感じる

というデメリットがあります。

個人的に、昼光色の部屋はインテリアがおしゃれでもオフィスっぽい印象になり、どうもおしゃれに見えないような気がします。

リビングやキッチンなど部屋に合った照明色の選び方

上記、LED電球の色のメリットデメリットから

  • くつろぐ部屋、長時間いる部屋は、電球色~昼白色
  • 集中力を上げたい勉強部屋や仕事部屋は、昼光色~昼白色
  • 基本は昼白色を選んでおけばいい

と言うことが分かりました。

電球色~昼白色がおすすめの部屋

  • リビング
  • ダイニング
  • 和室
  • 廊下
  • 寝室
  • 風呂場

昼光色~昼白色がおすすめの部屋

  • 仕事部屋
  • 書斎
  • 勉強部屋

昼白色がおすすめの部屋

昼白色は基本どの部屋にもおすすめですが、特に以下の部屋は昼白色にしておいた方が良い部屋です。

  • キッチン
  • 洗面脱衣所
  • 化粧をする部屋
  • クローゼットなど服を選ぶ部屋
  • トイレ

正確な色味を確認したい部屋は昼白色を選んでおくと良いです。

はなこ
はなこ

我が家は‥

服を選ぶ部屋を電球色にしてしまって超失敗したと思ってます。
あと、トイレも健康面を考えると昼白色が良いと思います。


スポンサーリンク

我が家の各部屋の照明色選びはこうした!

悩みに悩んで決めた部屋の照明色選び。

我が家はこのように決めました。

注:失敗した点もあるので、あまり参考にしないでくださいね笑

まず、どんなイメージの部屋が好きか考えた

私は、元々あまり明るい所が得意ではありません。
真っ白のシーリングライトが明るい部屋なんかは超苦手です。

一方居酒屋とか、海外の間接照明や暖炉のような、暗くて温かい明かりが好きです。リビング 照明 色 選び方

よく、日本のリビングは明るすぎる。
日本人に不眠症が多いのは、明る過ぎるリビングのせいとか聞いたことがあります。
(ソースは不明‥超不確か)

また、間接照明や暖炉などの暗くて温かい光の部屋って、すごくおしゃれに見えると思いました。

そんな訳で、基本は昼白色を選べばOKと言われる中、我が家は基本電球色を選ぶことに。

温かみのある色が好きなので、昼白色を選ぶ方がいいところも「温白色」を使いました。

夫は明るい照明が好きなので電球色は大反対でした。
が、家の配線などをしてくれた電気屋さんが私の友達で、その人も自分の家を建てた時にほぼ全部の部屋を電球色にしたそうなんです。
こればっかりは好み‥と言いつつ、プロの電気屋さんが「電球色」を勧めてくれたことで夫も納得してくれました。

我が家の各部屋の照明の色

リビングの照明の色

テレビ 壁掛け デメリット

  • ダウンライト‥電球色・昼白色・昼光色切替
  • メイン照明‥温白色

基本はダウンライトしか付けず、ほぼ電球色しか使ってない。

照明 色 効果

こんな感じで切替できます。

和室の照明の色

電球色~昼光色の調節、調光ができる照明

キッチンの照明・・電球色

新築 家具家電 目安

 

洗面脱衣所の照明・・温白色

廊下・階段・玄関・・電球色

玄関 タイル 色

お風呂・トイレ・・電球色

ヘリンボーン クロス

寝室兼クローゼット・・電球色

書斎

  • ダウンライト‥電球色
  • デスク上ライト‥昼白色

書斎 机 造り付け

その他個室・・電球色

となりました。

家の照明(LED電球)の色 まとめ

照明の色選びについてまとめると

LED電球の種類は5種類。
うち一般的によく売っているのは「電球色」「昼白色」「昼光色」

  • 電球色はオレンジ系の光で温かみがあって落ち着くのが特徴。
  • 昼光色は青白い光でとても明るくて集中力が上がる。
  • 昼白色は太陽に最も近い光で自然な光なので、どの部屋にもマッチする。

という特徴を踏まえた上で

どんな部屋にしたいか?
どんなイメージにしたいか?
(こんなお店が好きとか、こんなインテリアが良いとか)

なんかも考えながら、自分達家族の生活スタイルに合った照明の色を選ぶと良い。

 

我が家は電球色多めですが、落ち着く点やおしゃれっぽく見えるという点で大正解でした。

が、失敗したところもあります。

次回は照明の色選びで失敗したところについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました